東京湾アクアライン、通行止めになる気象条件は!?交通情報に便利なサイト

ここのところ急に暖かくなったと思ったら、また寒くなったり。
今年の2月はなんだかいつもの2月とはちょっと違う様に感じますね。

特に風の強い日が多いかなと感じますが、天候によっては通勤や通学に影響してきますので何かと多忙なこの時期は意識せずにはいられません。

今回のテーマは東京湾アクアライン。通行料がETC利用の場合だと片道800円(普通車)となってから、利用者がグッと増えて行楽や仕事で利用している人も多いんじゃないでしょうか。

先日、久しぶりに木更津のアウトレットパークにショッピングに行ったのですが、周辺地区では最近なってかなり急ピッチで宅地開発が進んでいる様子です。

都心に比べれば土地の値段も比較にならないほど安く、アクアラインを通れば都心まで30~40分とアクセスも良いので車やバスでの通勤を前提に移住を検討する人も増えている様です。

通勤や通学、行楽にしろ海の上を通る高速道路ということで、天候の影響を受けやすく最悪通行止めという事態も考えられますので、通行止めになってしまう気象条件について調べてみました。

Sponsored Links


東京湾アクアラインが通行止めになる気象条件は?
アクアラインが通行止めになる気象条件は主に「風」が原因であることがほとんどです。

海ほたるパーキングを起点に川崎側が海底トンネル、木更津側が海上の橋梁となっていますが、この木更津側の約4.4kmの橋梁区間が気象状況の影響を受けやすい区間となっています。

風以外には台風や降雪による通行規制も考えられますが、年間を通して交通に一番影響があるのは「風」と考えて間違いありません。

走ってみるとわかりますが、橋梁部分は風よけがないので風強の日に走行すると強い風にハンドルを取られそうになることがしばしばあります。

風よけを設置したところで海上の吹きっさらしですから、風よけ自体が耐えられないんじゃないかと思えるほど。

道路を管理するネクスコ東日本ではアクアラインを通行止めにする明確な基準は公表されていません。風速に応じて県警と協議の上判断をしているということです。

一応の目安は、
最大風速15m/秒以上で最高速度規制

最大風速20m/秒以上で通行規制するか、しないか

最大風速25m/秒以上ではほぼ間違いなく通行規制
といったところ。

最大風速20m/秒以上で通行規制するか、しないかについては風向きも関係している様で、走行に影響する横風(アクアラインの場合は南風、北風)であるかというのも規制の判断材料になっている様です。

ちなみに、アクアライン以外の高速道路でも気象状況による通行規制の基準は公表されていませんので、こちらも状況に応じて県警と協議の上判断をしているということの様です。



最大風速20m/秒以上ってどんな風?
気象庁の風の強さの指標では

【最大風速20m/秒以上】非常に強い風
・人への影響の場合 → 何かにつかまっていないと立っていられない
・走行中の車の場合 → 通常の速度で運転するのが困難になる

【最大風速25m/秒以上】暴風
・人への影響の場合 → 屋外での行動は極めて危険
・走行中の車の場合 → 走行中のトラックが横転する

となっています。


こちらの動画がすごかったので参考にさせていただきますが、凍った路面とは言え横風でトラックが横滑りしています。最大風速20m/秒以上はあるものと思われます。

わたしも海岸で最大瞬間風速20m/秒以上を経験したことがありますが、風で飛ばされてくる砂が肌に当たると痛みを感じるほど。

体を斜めに倒さないと歩くのも困難なくらいの暴風で、恐怖を感じました。

トラックやバスなどの大型車はもろに横風を受けてしまいますので最大風速20m/秒以上場合、アクアラインの通行が困難になるのもうなずけます。



アクアラインの渋滞や通行止めの確認に便利な情報サイト
アクアラインの交通情報の確認に便利なサイトをまとめてみました。
yahoo道路交通情報MAP
通行止め、チェーン規制、事故、渋滞、混雑とマップで状況の確認が出来るのと、アクアラインに関するツイートが一緒に見れ、よりタイムリーな情報の確認が出来るので便利です。

日本道路交通情報センター:JARTIC
わたしも一番便利に使用しているサイト。「首都高速」のタグをクリックするとアクアラインに限らず首都高全般の交通状況が確認できます。アクアラインは空いてても首都高が激混みなんてことも多々ありますので、空いてるルートを探すのにとても便利です。

アクアライン交通情報ナウ
1時間おきにアクアラインの交通状況ツイートしているサイト。風向と風速の情報があるので、通行規制の予測に役立ちそうです。

ドラぷら・渋滞ポイントマップ(館山道・富津館山道路・東京湾アクアライン)
上り線、下り線の渋滞ポイントを曜日、時間で分析したサイト。やはり土日の渋滞が顕著ですが、混みやすい時間を回避、予測するのに役立ちます。



アクアラインが通行止めになってしまった時の交通手段は?
もしアクアラインが通行止めになってしまった場合は?という点も気になるところです。

行楽など休みの時であれば諦める、もしくはで京葉道や湾岸線を通るなど時間をかければ目的地までの移動は問題ありません。

ですが、通勤や通学など時間に制約がある場合、通行規制の影響は計り知れません。

京葉道や湾岸線が気象条件で通行止めになることはほとんどありませんから、自家用車の場合は大回りしてでも目的地に向かうより他ありません。

バスの場合はこちらのサイト様の情報によると、一部路線のみ陸路迂回して運行があるそうです。

アクアラインを通って運行している高速バス会社は
・日東交通株式会社
・小湊鉄道株式会社
・鴨川日東バス株式会社
・京浜急行バス株式会社
・小田急シティバス株式会社
・京成バス株式会社
など。

アクアライン通行止めの場合、日東交通、小湊鉄道の一部路線のみ陸路迂回運行。
それ以外のバス会社は完全に運休となってしまうようですね。
※詳しくは各バス会社にご確認ください!

アクアラインを通れば40分~1時間の場所も、陸路だと1時間半、渋滞も考えると2時間以上要してしまいそうです。都心に通勤の場合、電車でも通勤時間が1時間から2時間なんて普通ですから、それを考えると万が一に前もって備えておけば通勤圏内?といったとこなんでしょうか。



まとめ
わたしは行楽で使うことがほとんどなんですが、アクアラインの交通の利便性から木更津側に生活拠点を移した方、移そうと考えている方には気象条件での通行規制はほんとうに気になるところですよね。

とはいっても年に数回程度、多い年もあれば少ない年もあるといった状況のようです。

ちなみにETCを利用した場合の通行料の割引(普通車で片道800円)は社会実験の枠組みとなっていて、当初は平成21年8月1日~平成26年3月31日までの予定だったんですね。

それが平成26年4月1日~当分の間に延期された形となっています。当分の間?となんともアバウトな感じですが、木更津市では割引料金の恒久化に向けて要望を出しているそうです。

あくまでも要望ですから、この「当分の間」が突然終わってしまう、もしくは料金改定という可能性もないとは言えません。料金が下がる改定なら大歓迎ですが、それはちょっと難しそうです。

アクセスも良く、便利な高速道路なのでぜひ恒久的な割引料金設定を目指して頂きたいものです。


【年始をちょっとリッチに!わたしも早割で購入しました\(^o^)/】
Sponsored Links