年末ジャンボは当る売場で買え!?西銀座チャンスセンターでネット購入!

宝くじファンなら一度は聞いたことがあるんじゃないでしょうか?

西銀座チャンスセンター!

全国でもトップクラスの高額当せん売り場として、超が付くほど有名ですよね。

ジャンボ宝くじによって待ち時間はこそ違いますが、最も人気の高い年末ジャンボになると待ち時間は最大6時間にも及びます。

宝くじファンなら、一度は購入を夢見る憧れの高額当せん売り場なんですが、行列が凄まじすぎて購入したことがないという人も多いんじゃないでしょうか。

冗談抜きで、先頭が見えないほどの行列です!

高額当せんを果たしてきた方達が、当せんをするために意識してきたこと。

それは、大安吉日に購入すること、そして高額当せんの実績のある売場で購入するということなんですよね。

宝くじ買おうという人は少なからず、暦を意識しているんじゃないかと思います。

ですが、高額当せんの実績のある売場で購入するとなると一気にハードルが上がってしまいます。

大安吉日は土日とは限らず、仕事がある平日に、しかも何時間も並んで宝くじを買うなんて有給休暇でもとらないと無理ですからね。

有給の取得理由が「ドラクエの発売日だから」でOKが出てしまう社員愛に溢れた会社もあるみたいですが、わたしの会社は絶対無理です!

「課長!今日はすごい吉日なんで銀座まで宝くじ買いに行くので休みます!」なんて言った次の日には、席が窓側に移動されている可能性があります。それは冗談ですが(笑)

吉日と高額当せん売り場をセットでジャンボ宝くじを購入することが出来ない、というのが多くの人の悩みでもあるんじゃないでしょうか。

特に年末ジャンボはその年最後の運試しで購入する人も多いの、で吉日と高額当せん売り場をセット購入したいという思いもひとしおです。

そんな方達に人気が出始めているのが、ジャンボ宝くじのネット通販なんですよね。

宝くじの転売は法に触れてしまうので、正式には購入代行というサービスなんですが、最近流行っているらしんですよ。

宝くじの購入代行サービス?と、?マークがいっぱいの人のために利用方法などめてみました!


目次
宝くじの購入代行は違法じゃない?
日本一の当せん確率を誇る西銀座チャンスセンターとは
他に類を見ない当せん本数!
高額当せん伝説始まりの1番窓口
西銀座チャンスセンターの混雑状況は?
西銀座チャンスセンターに特化した購入代行サービス・ドリームウェイ
購入代行の手数料は?
代金先払いで不安はないの?
ジャンボ宝くじの購入方法は?
宝くじの購入代行はこんな人にオススメ
もし宝くじが当たったらどうしますか?
まとめ


宝くじの購入代行は違法じゃない?
まず気になってしまうのが、宝くじの購入代行って違法じゃないのかという点についてです。

宝くじ購入代行のシステムは、宝くじの購入代金を業者さんに預けて、業者さんはお客さんから預かったお金で宝くじを購入しているというシステムになっているんですね。

お客さんのから預かったお金で宝くじを購入という、あくまでも購入を代行しているだけなので、違法性はありません。

当然、業者さんも利益が必要になりますから、利益は手数料という形で預ける購入代金に上乗せされてます。

宝くじの購入枚数によって、手数料も比例して増えていく料金設定になっているところがほとんどの様です。

システム上、料金が前払、そして一般的にまだまだ知られていないサービスで、代行業者さんも少ないことから少しきな臭さはあるんですけど調べてみると、けっこう多くの方が利用されている様です。


日本一の当せん確率を誇る西銀座チャンスセンターとは
人気の宝くじ売り場=高額当せんを出している宝くじ売り場は全国にありますが、その中でも群を抜いて人気のある宝くじ売り場と言えば銀座にある「西銀座チャンスセンター」に他なりません。

年5回のジャンボ宝くじでは毎回数時間に及ぶ行列が出来る、超絶人気の売り場なんです。

年末ジャンボ販売期間中の吉日ともなると、長蛇の列が銀座に出現して毎年ニュース番組で報道されるなど季節の風物詩になっていますよね。

宝くじを買うのに6時間も並ぶの!?

なんて思っちゃった方は、まだまだライトな宝くじファンの方かもしれません。

コアな宝くじファンの方ともなると遠方から新幹線往復の交通費を出費してまで、わざわざ西銀座チャンスセンターに購入しに来るという徹底ぶりです。

そこまでしてでも、西銀座チャンスセンターで購入したい理由があるんですね。


他に類を見ない当せん本数!
コアな宝くじファンが西銀座チャンスセンターで購入するその理由。

それは、他の売り場では類を見ないジャンボ宝くじ当せん実績があるからです。

都心の高額当せん実績のある売り場を記事にしていますが東京都内、一都三県に限らず全国的に見てもジャンボ宝くじの当せん実績がここまである宝くじ売り場はありません。

【注目の実績!】
平成に入ってからの億万長者 232人 累計375億円
2012年~2016年の億万長者 30人 累計74億円
2016年の年末ジャンボ億万長者 3人 累計10億円


【100万円以上の高額当せん実績】
・2016年 年末ジャンボ   →  100万円 × 159本
・2016年 年末ジャンボ   →  1500万円 × 13本
・2016年 オータムジャンボ →  1000万円 × 2本
・2016年 サマージャンボ  →  1000万円 × 3本
・2016年 ドリームジャンボ →  1000万円 × 2本
・2015年 年末ジャンボ   →  1000万円 × 17本
・2015年 年末ジャンボ   →  100万円 × 185本
・2015年 オータムジャンボ →  1000万円 × 1本
・2015年 サマージャンボ  →  1000万円 × 3本
・2015年 ドリームジャンボ →  1000万円 × 2本
・2015年 ドリームジャンボ →  100万円 × 57本
・2015年 グリーンジャンボ →  1000万円 × 4本
・2015年 グリーンジャンボ →  100万円 × 36本
・2014年 年末ジャンボ   →  2000万円 × 2本
・2014年 年末ジャンボ   →  100万円 × 136本
・2014年 オータムジャンボ →  1000万円 × 4本
・2014年 オータムジャンボ →  100万円 × 33本
・2014年 サマージャンボ  →  1000万円 × 2本
・2014年 サマージャンボ  →  100万円 × 67本
・2014年 ドリームジャンボ →  1000万円 × 3本
・2014年 ドリームジャンボ →  100万円 × 56本
・2014年 グリーンジャンボ →  1000万円 × 1本
・2014年 グリーンジャンボ →  100万円 × 38本

毎回行列に並んで購入するコアな宝くじファンから、年1回年末ジャンボだけ並んで購入する人など様々ですが宝くじファンなら誰もが一度は購入してみたいと憧れるほど高額当せん実績を残している売り場なんです。

1等、2等の超高額当せんではなくとも、100万以上の当せん実績の多さだけを見ても100万ぐらいだったら当たるかもしれないという気分にさせてくれますよね。

驚くことに平成元年になってから平成28年まで28年間連続してジャンボ宝くじ1等を出し続けているという実績もあるほどです。

人気の売り場で、買う人が多いんだから当せん本数が多くなるのは当たり前じゃんという人もいます。

その考えも間違っていません。

売れる枚数が桁違いなので高額当せんが出てもおかしくないんです。

ですが西銀座チャンスセンターも最初から買う人が多かった訳ではありません。

高額当せんの噂が噂を呼んだ結果、大勢の人が買う人気の宝くじ売り場になったという事実もあるんですよね。

考え方の違いは仕方ありませんが、わたしは宝くじってほんとにうに「夢を買う」という言葉が合っていて、多くの人が一攫千金というロマンを持って西銀座チャンスセンターに夢を託しているんじゃないかと思います。


高額当せん伝説の始まりの番窓口
西銀座チャンスセンターには1番から7番窓口まで購入窓口があるんですが、実際に売り場に行くと1番窓口が2箇所、4番と6番窓口が無いので【1番・1番・2番・3番・5番・7番】という並び順になっています。

4番と6番窓口が無いのは縁起の良くない数字という理由からというのはお察しの通りです。

そして数時間待ちの半端ない行列が出来るのは1番窓口です。

1番窓口が2箇所あるのは1番窓口に集中するお客さんを分散させて、混雑を解消するために後から出来た窓口なんですよね。

高額当せんの伝説が始まるきっかけとなった1番窓口は、向かって左側の1番窓口ですのでお間違いありませんように!

真の1番窓口は最後尾から先頭が見えないほどの大行列になるのは説明した通りですが、正気なの!?思わせるあまりの行列にわたしのように1番窓口での購入を諦める人も少なくないんです。

ちなみに2番人気の窓口は、ラッキーセブンにあやかって7番窓口の人気が高いそうです。

でもせっかく西銀座チャンスセンターで購入するなら、真1番窓口を狙いたいところですよね。


西銀座チャンスセンターの混雑状況は?
1番窓口の行列、待ち時間は発売のジャンボ宝くじによって異なります。

ジャンボ宝くじは年5回、
・グリーンジャンボ 1等 3億円 前後賞1億円
・ドリームジャンボ 1等 5億円 前後賞1億円
・サマージャンボ  1等 5億円 前後賞1億円
・オータムジャンボ 1等 3億円 前後賞1億円
・年末ジャンボ   1等 7億円 前後賞1.5億円
当せん金額の大きい宝くじがやはり人気があって、待ち時間も長くなります。

目安としては一番人気の高い年末ジャンボの場合、大安吉日が重なると最高で待ち時間が6時間にも及びます。

当せん金額の少ないグリーンやオータムは1時間~2時間、場合によっては数十分で買えることもあります。

大安を意識して購入する人が多いので、日や時間によって異なるというのが実際で正確には言えませんが一応目安として覚えておくと良いかもしれません。

また、1番窓口が伝説となるきっかけとなった1等当せんが宝くじ発売日初日分であったということもあって、ジャンボ宝くじ発売日初日は思いっきり行列になりやすです。


オススメの購入代行サービスは?
ジャンボ宝くじの購入代行サービスは、まだそれほど多いわけではありません。

ですので、ネットでしらべれば網羅できるぐらいの数の業者さんしか出てきません。

その中でも利用者が多い購入代行サービスは、西銀座チャンスセンターに特化した購入代行サービスの「ドリームウェイ」という業者さんです。

ドリームウェイは
購入は西銀座チャンスセンターのみ
年5回のジャンボ宝くじ購入のみ
と条件を絞って、西銀座チャンスセンターに特化した購入代行サービスです。

【ドリームウェイを選ぶ5つのポイント】
1.ジャンボ宝くじ日本一の「西銀座チャンスセンターの一番窓口」で購入が可能
2.大安吉日購入・窓口番号指定購入にも対応
3.思い立ったが吉日!24時間インターネットで申込可能
4.お申込から購入、お届けまで、安心の購入システム
5.プレゼントに最適!ギフトでお届けサービス

わたしもジャンボ宝くじは毎回購入していますが吉日を狙って、高額当せん売り場購入するとなるとかなりの難易度になってしまいます。

高額当せんを目指しているので、可能であればどちらも意識したいところ。

そういう意味では購入代行サービスを利用すれば、購入場所も吉日も狙えて一石二鳥という訳です。


購入代行の手数料は?
正直言って購入代行の手数料は安いとは言えません!

ですが日本一人気の売り場での購入で、何時間並んで購入しなければならないことと比較して割高に感じるか割安に感じるかどうかです。

大体、1回の購入で30枚~40枚を目安に購入する人が多いんじゃないかと思いますが、例えば40枚の購入だと手数料が2,400円(税込み)になります。

40枚の購入で「手数料が2400円」と「6時間行列に並ぶ」のどちらかを選ぶなら手数料の方を選ぶんじゃないでしょうか?

並んでいる時間を時給900円と換算して働くと、3時間もあれば手数料分以上を稼げてしまいますよね。

もし遠方に住んでいたら、移動の時間、移動の交通費も掛かってしまいます。

それを考えると手数料が掛かっても、西銀座チャンスセンターで並ばずに購入できるという購入代行サービスのスケールメリットは、利用価値があるというふうに思える人もいるんじゃないでしょうか。

【ドリームウェイ手数料】


代金先払いで不安はないの?
購入代行手数料と合わせてデメリットと感じてしまうのが、代金先払いという点です。

購入代行の利用で不安はないんでしょうか?

大きな不安要素になっていることは確かですが、お客さんから預かったお金で購入代行というサービスなので、この点はもう割り切るしかないと思っています。

(引用元:ドリームウェイのQ&A 公式サイトより

「西銀座チャンスセンター」で買ったという証明はありますか。弊社代理購入時に「西銀座チャンスセンター」様より「日付」、「窓口」を記載した領収書を発行いただいております。

その領収書のコピーと宝くじを合わせてご送付させていただいております。

お客様ごとに領収書を発行いただきますと、「西銀座チャンスセンター」様にご迷惑おかけしてしまいますので、弊社「株式会社ドリームウェイ」の宛名で、1窓口ごと1枚領収書を発行いただいております。

その関係から、金額欄のみ塗り潰させていただいた領収書のコピーを購入の証明として同封させていただいております。

弊社では、「1番窓口」をご指定いただいた場合、その本当の「1番窓口」で購入を行っておりますが、これにつきましては証明することができません。申し訳ございません。

宝くじが手元に届くのは、申込みから何日くらいですか注文フォームで記入した購入指定日から通常約1週間でお手元に届きます。


購入する側の意見としては
・先払いで宝くじがちゃんと届くのか不安
・西銀座チャンスセンターの1番窓口で買っている証拠がない
・宝くじが届くまでに時間がかかるんじゃないか
なんて声も聞かれますが、物理的に証明できるもの、出来ないものはハッキリと記載されていますので、そこはもう信じるしかありません。

考えてみると先払いが必要なサービスは日常的なもので、特に珍しいというわけではありません。

昨今、SNSの普及で詐欺まがいなことをすれば、あっという間に噂が広がってサービス自体が立ち行かなくなってしまいます。

ドリームウェイのホームページは2015年から運営されていますので、約3年以上の運営実績があると言えますね。

どうしても不安ということであれば、初回の利用は少額にして様子を見て、信頼出来ると判断できたらまとめて買ってみるなど、購入者側の工夫次第でリスクの軽減も可能です。

ドリームウェイは入金の確認や宝くじの発送、宝くじ購入時の様子の画像添付などメールでのやり取りの迅速さ、購入者への不安を軽減するサービスを意識していて利用者の口コミでも良い評価を得ています。

最初はちょっと怪しげなサービスだなとも思いましたが、公式サイトの作りや会社の所在地もしっかり記載があるという点ではなかなか好印象です。


ジャンボ宝くじの購入方法は?
宝くじは連番やらバラなど購入方法が色々あって注文が大変なんじゃないの?と思いますがドリームウェイの注文画面は選択式になっているので一つずつ希望する項目を選んでいけば簡単に注文することが出来ます。

一応電話でも注文することは出来ますが、ネットでの申込みなら24時間受け付けになっていますので仕事で帰宅が遅くなってしまっても時間を問わないので安心です。

このようなわかりやすい申込み画面なら宝くじの初心者でも簡単に申し込めますし、購入者のことを考えているなと好感は持てます。

【ハロウィンジャンボ・購入画面】


宝くじの購入代行はこんな人にオススメ
吉日に西銀座チャンスセンターの1番窓口で大行列に並ばずに買いたい!
西銀座チャンスセンターの1番窓口で買いたいけど並んでる時間がない!
地方に住んでいで銀座まで行く新幹線代で宝くじが数十枚買えてしまう!
先頭の見えない行列に並び続ける体力に自信がない!
宝くじの好きな父にプレゼントしたいけど長時間並ぶのはちょっと!
行列に並んでまで宝くじの購入とかお金にがめつい女みたいに見られそう!
日焼けするから外で何時間も並びたくない!

億万長者の夢があるとはいえ、何時間も並んで宝くじを購入するのは正直言ってかなりしんどいです。

サマージャンボは暑いし、年末ジャンボは寒いしほんとうに体力と気力との勝負とも言えるほど。

暑い中、寒い中、もしくは遠方からわざわざ購入しに来て、やっとの思いで苦労して購入した宝くじの方がご利益がありそうに感じますよね。

苦行の先にご利益が待っているみたいな感覚がないでしょうか(笑)

西銀座チャンスセンターの実績から見ても、大安吉日に西銀座チャンスセンターの1番窓口での購入が、高額当せんへの近道と感じてします。

ですが、忙しい日常生活ではなかなか実現できるものではないんですよね。

時は金なりで何時間も並ぶこと、銀座から遠方である、超人気の高額当せん売り場で宝くじを購入したいという要望もあって利用する人は増えているそうです。


もし宝くじが当たったらどうしますか?
◎家族にもっと贅沢な暮らしをさせてあげたい!
◎自由な生活を手に入れたい!
◎自分で事業を起こしたい!
◎自分が本当に好きなことしながら生活できようになりたい!
◎子供に好きなことをさせてあげたい!
◎子供を私立の学校に行かせたい!
◎家のローンを一括返済したい!
◎家族と世界一周旅行をしてみたい!
◎キャンピングカーを購入して夫婦でのんびり日本を一周してみたい!
◎憧れのタワーマンションに住んでみたい!
◎憧れのスーパーカーを購入して彼女を助手席に乗せてドライブしたい!

宝くじはこの日本のどこかに必ず当せんしている人がいるんですよね。

そんな夢の高額当せんを果たした方たちが意識して実践していたのが、高額当せんの実績が多い人気の宝くじ売り場で宝くじを購入するということなんです。

実際、宝くじ公式サイトの調べによる高額当せん者にアンケートを取った高額当せん者白書によると、「購入時にこだわったこと」の回答で「高額当せん売り場での購入」と答えた人が142人にも及んでいるんですね。

つまりは高額当せんするための近道になるとも言えるんじゃないでしょうか。


まとめ
ジャンボ宝くじのことを書いていると、なんだか気分が高揚してついつい長文になってしまいます(笑)

熱くは書いてはみたものの、西銀座チャンスセンターのすごさがまだわからないよ!なんて人もいるかもしれません。

そんな人は、東京ディズニーランドの行列をイメージしてみてください。

東京ディズニーランドのアトラクションの中で、超絶人気を誇る「スプラッシュマウンテン」の待ち時間は過去最大で4時間待ちを記録したことがあるんです。

西銀座チャンスセンターの年末ジャンボの行列は6時間を超えるので、ディズニーランドを上回る程すごいということになります。

先の見えない蟻のような大行列は、戦意喪失レベルと言っても過言ではありません。

ディズニーランドなら諦めて他のアトラクションに行けばよいわけですが、ジャンボ宝くじで購入場所にこだわるならそういう訳にも行きません。

それだけ、10億円ドリームを夢見ている人が多いということですね。

わたしは夢見ていますが、ちょっと6時間並ぶ体力に自信がありません!

さぁ!あなたなはどちらを選びますか!?




【年始をちょっとリッチに!わたしも早割で購入しました\(^o^)/】
Sponsored Links