妊娠ではなかった!?小林麻央さんが乳がんで1年8ヶ月も闘病中、病状やステージはどのレベル!?記者会見の内容は?

タレントでフリーアナウンサー、そして市川海老蔵さんの奥様の小林麻央さんが極秘入院していたことが明らかになりました。病状は進行性ガン。

各メディアは朝からこの報道で持ちきりですね。
一番の衝撃は、小林麻央さんがまだ33歳という若さでがんを患ってしまったという点。

お姉さんの小林麻耶さんは現在、レギュラー出演中のTV番組バイキングを体調不良によりお休みされていますが、小林麻央さん病状と何か関係があるのでという憶測も出始めています。

癌の進行具合を表すステージは、発表されていませんがその病状が心配されるところです。

Sponsored Links


記者会見の内容、小林麻央さんの病状は!?
今日、行われた記者会見では、
・癌の種類は乳がん
・進行のスピードは早い
・1年8ヶ月前に二人で受けた人間ドックで判明
・様子を見ながら、現在は抗がん剤治療中である
・通院という形を取っており、入院、手術はまだしていない
・本人が一番つらい思いをしているが、気丈に振舞っている
・癌のステージについては判明しているものの、言明せず「深刻な状況」

その他、二人の子供たち様子について市川海老蔵さんから話がありました。
具体的には病名は「乳がん」ということですね。

乳がんは女性が患いやすい癌のなかでトップ。

一般的には、まず手術で癌を取り除いてから抗癌剤治療に入るほうが多いそうですが、麻央さんの場合は抗癌剤で癌を小さくする方を優先する治療が行われている様です。

乳がんで一番恐ろしいのは、進行してしまうと脇の下のリンパ節に転移しやすく、リンパ管を通って他の部位に転移の可能性が出てきてしまうことです。

海老蔵さんの記者会見で、ステージが深刻という状況で手術をしないという判断もちょっと不思議に思えなくもありません。

早期発見であれば完治する可能性が高い乳がんですが、1年8ヶ月という期間とステージが深刻であるという状況がどの程度の病状なのか心配されるところです。


進行性ガンってどんな病気!?
癌といっても病に冒される部分や進行状況によって、治療できるのかに関わってきます。
早期がんは病期のI期、II期に分類される状態。

現在の医療技術ではII期までに発見、治療の開始ができれば、治る可能性が高いと言われています。

ですが、1年8ヶ月という期間と記者会見で海老蔵さんが発した「深刻である」という言葉から、どうやら早期の状態ではない可能性が高いようです。

癌の各ステージの度合いについては
・ステージO 上皮細胞内に癌細胞が留まっている
・ステージ1 腫瘍が広がって入るが、筋肉の層で癌細胞が留まっている状態
・ステージ2 筋肉の層をを越えて、少しリンパ節に転移している
・ステージ3 癌細胞が広がりを見せリンパ節に転移している
・ステージ4 癌細胞が血管を通り別の部位に転移
と分かれています。

これらの状況で進行性の癌と表現する場合には、、ステージ3以上を表すということです。

やはり、リンパ節への転移も確認されているという癌のステージとしては深刻という状況と思われます。

抗癌剤治療は人によって辛いの副作用が出ますから、本当にお辛い状況とお察します。


なぜ手術をしないのか?闘病1年8ヶ月
乳がんの治療はステージにもよりますが
・外科治療
・放射線治療
・抗癌剤治療
・ホルモン治療
などの治療法が存在します。

乳がんの治療法としては外科治療が原則で、癌細胞の摘出が一般的。
抗癌剤による治療は外科治療後の補助的な役割で行われることが多いそうです。

ではなぜ、小林麻央さんは1年8ヶ月も抗癌剤治療を続けているのか?

今日の記者会見でも詳細については触れられていないので想像の範疇は越えませんが、リンパ節に転移してしまい別の部位に転移の可能性も考えられます。

血管を流れ、別の部位に転移してしまった場合には完全に完治する可能性が薄くなってしまうんだそうです。

ですので、外科治療による体への負担を考慮し抗癌剤治療で癌の進行を鈍らせるという治療が選択されることもあるとのこと。

乳がんは発見された時には、かなり進行してしまっているというケースも多く、小林麻央さんの場合もそのケースだったのでは思われます。

一方、現在の抗癌剤治療も日々発達しており、抗癌剤治療だけで十数年以上、元気に生活出来るケースもあるようなので小林麻央の場合もこのケースに期待をしたいところです。

ご家族の力強い支えで、完治に向けて本当に頑張って頂きたいと思います。

dandelion-1329776_640

今日の記者会見で、乳がんを患っていることが判明した小林麻央さん。
梨園の妻として、騒動があった海老蔵さんを支え続け二人の子供を授かってとてもお幸せそうだったのに。。。

まだ33歳という若さ。
なんとか完治に向けて頑張って欲しいという気持ちでいっぱいですね。

芸能人では生稲晃子さんや北斗晶さんが乳がんを患って、話題となった乳がん。
女性にとっては本当に恐ろしい病気です。

乳がんに限らず癌は早期発見が完治の鍵です。

日々の生活の忙しさで疎かにしがちですが、定期的な検診を積極的に受けるべきと改めて思いました。

Sponsored Links