ミュゼプラチナム実質経営破綻?任意整理とは!?脱毛サロン最大手  

女性専門脱毛サロン。利用されている方も多いのではないでしょうか?

低価格な料金設定と回数無制限の脱毛を売りに、多額の広告費を使って急成長してきた脱毛サロン。

その運営会社が実質経営破綻に陥っており、「任意整理」に入ったとの報道がありました。

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
10月6日 追記事項

10月6日(火)ミュゼプラチナム経営のジン・コーポレーション経営者の高橋仁氏が都内で会見。正式に多額の債務により、取引先銀行との任意整理の状態であることが発表されました。

事業は継続の方針ですが、負債総額は明らかにしていませんので、借金返済の目処が立たない可能性も!?ただ取引先銀行が任意整理に応じるぐらいなので、なんらかの見通しがあるのかもしれません。

それか、倒産されては困るほどの融資をしていたか?
どちらにしろ、危うい状態であることは間違いありません。。。

8月以降の解約が急激に増えた様ですが、会員への費用返済には紳士に応じていたようなのでなんとか頑張っていただきたいです。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

Sponsored Links


任意整理とは?
【会社の任意整理手続きとは?】
・裁判所を通さず(任意)に、弁護士が代理人として債権者と債務者の間に入り借金の
 減額や利息の一部カット、返済方法を決め和解の交渉(整理)をする手続きのこと。
 
 また、この場合債務者は負債額を開示し減額交渉後の借金は5年~10年位かけて
 返済するものとあります。

【任意整理をする債務者側のメリット】
・裁判所を通さずの任意の交渉となるため、即交渉の手続きに入れる。
・破産申請の様な法的な資格制限が及ばないため、経営破綻とはならない。

【任意整理をする債務者側のデメリット】
・任意であるため、借金の免除、減額が法的な手続きに比べ低くなる。
・債権者側が交渉に応じない場合もある。
・新たな融資を受けられなくなる場合もあり、経営のための新たな資金調達が困難とな
 る。

債務者側としては法的な手続きとならないため、経営破綻にはならず時間の確保が可能、借金の減額交渉、利息の一部カットの交渉がメリットにはなりますが、経営再建のための新たな資金調達が困難となってしまう点が致命的なデメリットと言えるのではないでしょうか。

債権者側としては、借金返済の目処があれば会社を存続させて少しずつでも返済された方が資金回収が出来るというメリットが無い訳ではないので、割合が多いと取引銀行が譲歩するかどうか?というところでしょう。

また、報道では大手広告代理店への巨額の未払い金が発生しており、未払い金の早期返済・取引停止の通告をされた とのことです。

現在、残債とされている金額は数十億円にも膨れ上がり、どう返済処理していくのかが注視されるところです。

boots-416454_640


会員への前金返済はどうなる?
同サロンの会員数は240万人と言われていますが、もし最悪の事態となった場合にはどうなるのでしょうか?

現在の任意整理という状況では、会社は通常の営業状態なので会員から契約解除の申し出による返金手続きが可能なはずです。

8月26日現在、Twitterで問題なく解約できたとの投稿を確認しました。

解約は手続きした店舗に限られ、解約を電話予約の上、支払いをしたクレジットカード・会員証・振込み口座等必要なものを持参して店舗に出向いての手続き となるそうです。

結構面倒ですね。。。

もし倒産、会社更生法、民事再生法といった倒産法が適用となった場合には?

法律の専門家ではないので実際どうなるのかは判断できませんが、「前金の全額が保障される」ということはないと思います。

会社更生法、民事再生法により会社が存続した方が、まだ「会員である権利の確保」という点では有利に働くのではと思います。

が、同報道では厚生労働省から「毛根へのエネルギーを有する光線の照射は医療行為」「器具が医療用であるか否かを問わず」との脱毛サロン業界事態への通達があったとされ、業界自体への影響が懸念されています。

要はエネルギー光線を照射しての永久脱毛、毛根の破壊は医療行為あたり、医師免許が必要ということですね。

近年、レーザー照射などによる皮膚の損傷被害の報告が相次いだことから厚生労働省が動いたという経緯のようです。

ですのでこのまま会社が存続したとしても、脱毛サロン業界自体の有り方が問われる中、会員の権利の確保が維持出来るのか?という点も注視したいところですね。

会員数数百万人と言われる同脱毛サロンが破綻した場合には、社会問題にもなりかねない事態です!

あなたが会員の脱毛サロンは大丈夫ですか?


Sponsored Links