ミュゼプラチナム カリスマ経営者 高橋仁氏 競争馬を24頭を個人所有!!

業界最大手脱毛サロン、ミュゼプラチナムを運営する株式会社ジンコーポレーション。
その創業者で、わずか十数年で業界トップに育て上げたカリスマ経営者の高橋仁氏。

会計処理上の問題で経営の危機が噂されていますが、
その趣味がすごい!なんと24頭もの競争馬のオーナーさんなんです。
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
9月30日 追記情報!
ミュゼプラチナムの高橋仁氏が持ち馬24頭を全て売却されたようです。

競走馬は、既にデビュー(出走)している場合には名称がの変更は出来ないそう。

デビュー前の馬は名称変更可能ということで、馬主変更に伴いミュゼの冠が付いた競走馬は数頭を残して消滅することになります。

競走馬については、高橋仁氏の個人所有となっていますので会社はこの報道の対してノーコメント。

当初、任意整理ということで経営の危機と噂されていましたが、9月はなんとか乗り切った様です。更に今後の動向が注視されます。
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

Sponsored Links


24頭の競争馬を個人所有!
競馬に興味を持ったのは高校生時代。

出身地の福島県の高校の近くに競馬場があったそうで、その時に競馬に興味を持たれたそうです。

競馬への熱は相当なもの。趣味のレベルを超えて事業レベルですね。
所有されている馬はいずれも「ミュゼ」の名前を冠しています。
 1.ミュゼスルタン
 2.ミュゼエイリアン
 3.ミュゼゴースト
 4.ミュゼリトルガール
 5.ミュゼミランダ
 6.ミュゼダルタニアン
 7.ミュゼバトラー
 8.ミュゼストリート
 9.ミュゼメルノワール
10.ミュゼキングダム
11.ミュゼフローレンス
12.ミュゼマリオネット
13.ミュゼエクスプレス
14.ミュゼクリエイター
15.ミュゼタイフーン
16.ミュゼウェルズ
17.ミュゼカエサル
18.ミュゼジャスティ
19.ミュゼジュリエット
20.ミュゼファントム
21.ミュゼモーゼス
22.ミュゼリバイアサン
23.リアルフリー
24.ヘンゲンジザイ

1.ミュゼスルタンと
2.ミュゼエイリアンは
2015年のあの日本ダービーに出走したほどぼ名馬です!!

ですが昨今の経営不振の報道で、競馬ファンからは売却の対象になるのではと不安の声も上がっています。



馬主になるには!?
馬主になるには厳しい審査が必要!?
 ・直近2年の年間所得が7500万円以上
 ・純資産が7500万円以上
が必要な条件となります。※中央競馬(JRA)に馬主登録の場合

それにも増して馬の購入費用、維持費がとんでもないのです!

有名馬の産駒ともなれば1頭 1億、2億はあたりまえ!
血統馬で1000万以上、低価格馬でも500万円以上なんだそうです。

動物の命ですから、重みがありますよね。
でも低価格で500万とは。。。サラリーマンの年収より高い。。。

そしてレースに出るための牧場への委託料、調教管理費用が1頭年間1000万円程度。
24頭もいれば簡単に見積もって5億~10億円程度の費用が掛かるということですね。。。

一般人ではスタートラインにすら立てません。

tie-690084_640


レースに勝てば賞金の80%が馬主に入りますが、これだけの頭数を育ててもレースで入賞出来るのは極わずかなんだそうです。

なので、ほとんどの馬主さんは大損。馬主は金持ちの道楽 と言われる所以です。
今回の騒動によっては、この競争馬たちの運命も左右されてしまうかもしれませんね。

現在、外資系会計事務所が常駐し実態の把握、調査が進められており9月末までに何らかの結果が報道されるのではということです。

さすがに240万人もの会員数を誇る、大手企業になりますのでもし倒産の場合には社会的影響が少なくないでしょう。

低価格な脱毛サロン、消費者にとってはとてもありがたいサービスなので、今回の経営危機の報道は残念でなりません。

銀行となんとか折り合いをつけて、我々消費者の権利を守りつつ経営健全化に向けて頑張って頂きたいです!


Sponsored Links