金運から見る財布の革材選び!男性編:お金に好かれる財布とは!?

お財布を購入する時、使い勝手の次に意識するのが材質。合皮、ナイロン、ビニール、布など様々の素材がありますが、本革を使用したものが耐久性も高く特に人気です。

お金を呼びこむ財布選びでは、風水的を利用した色や材質選びが一般的です。

その中でも、革素材は古来から水や物資を運ぶのに使われ、豊かさの象徴でもありました。そのため風水でも蓄財や繁栄をあらわすとして、財布と相性の良い材質です。

実用面でも丈夫で質感も良く、財布の素材としては最適。
大切に使えば使うほど風合いが増していきますので、所有感も満たしてくれます。

そんな革素材ですが、革と言ってもいろいろな種類があるんですね。
一般的なのは、カウレザー(牛革)を使用したものが定番で価格も手頃です。

その他、クロコダイル(ワニ)やパイソン(蛇)など様々な種類の革を使用した財布が販売されています。

変わり種ではシャークスキン(サメ)、スティングレイ(エイ)など希少性の高い革を使用した財布も人気で、隠れたブームになっています。

財布の買い替えが近いのであれば、金運を意識した財布の材質選びというのも面白いかもしれません。

特に男性にとって財力はステータスそのもの。
金運を意識しない人は少ないんじゃないかと思います。

というこで、金運から見る財布の革材質選び!男性編として、財布の材質についてまとめてみたいと思います!

Sponsored Links


目次
1.革の種類・特徴
 ・カウレザー(牛革)の特徴
 ・コードバン(馬革)の特徴
 ・ピッグスキン(豚革)の特徴
 ・シープレザー(羊革)の特徴
 ・クロコダイル(ワニ皮)の特徴
 ・パイソン(蛇革)の特徴
 ・シャークスキン(鮫革)の特徴
 ・スティングレイ(エイ革)の特徴
2.お金を呼びこむ、金運から見る財布の素材選び
3.まとめ

財布に使われる革の種類
カウレザー(牛革)の特徴
background-973580_640
牛革はレザーの中でも最も人気があり、財布やベルト、バッグなど幅広い製品に使われています。供給量も多く、加工のしやすさから幅広い価格に対応していて、高級感、質感とも文句なしです!

一口に牛革と言っても、牛の年齢や部位によって呼び名がそれぞれ異なります。ハラコ、カーフといった生後間もない子牛の革は、流通の少ない高級素材となっています。その他、数十種類に分類されていて用途によって使用される革が異なります。

【牛革の金運】
牛は昔からわれわれの生活に密接に関わっていて、古来から豊かさの象徴として扱われてきました。その様な経緯もあって、財布の材質としては蓄財をあらわします。ちなみに牛革の種類によって金運が左右されるものではないので、高価だから良いという訳でもなさそうです。

 


コードバン(馬革)の特徴
saddle-419745_640
馬の革は流通量の少なさから希少品とされていて、中でも馬一頭からわずかしか取れないコードバンは高級素材として扱われています。牛革に比べ耐久性に富んでおり、手間をかけて加工していくと光沢が増して独特の光沢感、質感が出ます。革自体の耐久性が高いので、コードバンによって造られた製品も長持ちし、一生ものとして購入する場合にもオススメです。

【馬革の金運】
古くから移動や荷物を運ぶ足として扱われてきた馬は、広い大地を駆け抜け躍動感に満ちた生命力を感じさせます。より男性的なイメージで生命力を象徴、財運や事業運を招くとされています。「馬(うま)九(く)行(いく)」なんて語呂ももあるように、新しい事業や仕事を始める記念に良いかもしれません。

 


ピッグスキン(豚革)の特徴
pig-1155658_640
牛革は主に海外からの輸入に頼っているのが現状ですが、ピッグスキンは唯一国内生産のものが手に入りやすい革素材です。牛革の次に多くの製品に幅広く使用されています。加工性良さ、流通量の多さから海外の高級ブランドメーカーバッグの主に内張りなどにも使用されています。

【豚革の金運】
豚もわれわれの生活に密接に関わってきました。牛と同じく、富の象徴として扱われ、お金を循環させる、人間関係を好転させてくれるといった縁起良い動物とされています。トントン(豚豚)拍子に事が運ぶという語呂があるように、男性であれば事業や女性関係のトラブル回避に良さそうです。


シープレザー(羊革)の特徴
lamb-1335486_640
シープスキンはとても軟らかく、耐久性が若干落ちるため外張りとして使われる場合には編み込みの財布が多いように思います。その薄さと手触りのため、財布の内張りとしての需要はとても多く、羊革を好む人も多いようです。

【豚革の金運】
羊は群れて生活していることから、人間関係の改善や人脈を広げる効果があるとされています。また金の羊の逸話があるようにヨーロッパでは神々に捧げる神聖な動物として扱われてきました。また中国や日本では干支として親しまれており、古来から縁起の良い動物とされています。


クロコダイル(ワニ皮)の特徴
crocodile-863820_640
クロコダイルと言えば独特な革の模様が人気の革素材です。ワイルドな印象が男性的ですが、財布として使用する場合には色使いによっては女性にも合いますね。純粋なクロコダイルの革ではなく、牛革でクロコダイル模様を模した製品も多く、割りきって使う場合に良いですが本物のクロコダイル革が欲しい場合には、しっかりと素材について確認する必要があるでしょう。

【ワニ革の金運】
噛んだら離さないとというワニの特徴から、財布に入ったお金を離さないと言われ、蓄財や貯金に強力なパワーを発揮するとされています。ワイルドな天然の模様は男性的で、所有感を満たしてくれる財布です。

 


パイソン(蛇革)の特徴
carpet-python-415518_640
クロコダイルと同様に印象的なウロコ模様が特徴的。蛇は昔から神の使いとして崇められてきました。蛇の脱け殻を持っているとお金持ちになれるなんて言い伝えがあります。金運を願う人に一番人気のある財布なんじゃないでしょうか。財布に限らずお守り、インテリアの置物としても人気が高い守り神的なアイテムです。

【蛇革の金運】
蛇と金運の関係は、七福神の一人、弁財天が白い蛇を従えていたことから財運に良いと信じられています。特に白蛇が信仰の対象となっており、脱皮を繰り返す蛇は永遠の象徴ともされています。実際に使われている蛇革はニシキヘビの革が多く、白く染めていますが縁起物ということで。

 


シャークスキン(鮫革)の特徴
honduras-1302291_640
シャークススキンの財布はあまり見かけませんが、生産しているクラフト店はあって人気が高いようです。鮫肌と言われる独特な模様が特徴で、サメの革なので水にも強く耐久性が高いそうです。その耐久性の高さから高級腕時計のベルトにも使用される程。金運的には水商売の運気が上がる効果があるそうです。

 


スティングレイ(エイ革)の特徴
manta-rays-332812_640
スティングレイはガラスビーズを散りばめた様なビーズ模様がとても美しい革素材です。カラフルに染め上がった革で造られた財布は本当に綺麗です。シャークスキンと同じく耐久性がずば抜けて高く、水に濡れてもメンテンスの必要がない程。わたしが今、一番欲しい財布でもあります。こちらも水系なので水商売の運気に効果があるかもしれません。

 



お金を呼びこむ、金運から見る財布素材選び
財布と切っても切れない関係にあるのが、金運に関する悩み。風水的な要素が多く含まれますが、長財布が良いとか、黄色や金色の財布が良いとされています。


【長財布が金運に良いとされる理由】
お金は居心地の良い財布の中を好み、二つ折りの財布より長財布の方がお札が折り畳まれることがないので良いとされています。

これはお札の折りたたみの問題よりも、「お金を大事に扱っているか」という意識の問題の例えだと思っています。お財布の扱い方が雑、中身が汚い人はお金の使い方も雑になる、ということだと思います。

ですので個人的には二つ折りの財布が縁起が悪い、という風には思っていません。やはり毎日使うものなので、ここは使い勝手を優先する方が合理的なんじゃないかと思いますね。


【財布の色について】
財布の色については、黄色や金色が見るからに金運を上げそうな色です。

金運を上げる色としては他にも
・黒 →金運では安定の色、お金が出て行かない
・白 →浄化とお金が貯まりやすくなる色
・ピンク →人間関係を穏やかにしてくれる色、人間関係によりお金が入ってくる
・茶色 →大地の色、運気を養ってくれる
など、暖色系の色が黄色に近く良いとされています。

逆に金運を下げる色は
・青、水色 →お金を流してしまう
・赤 →お金を燃やしてしまう
という意味合いであまり良くないとされています。

女性が黄色の財布を使用してる分には可愛らしく思えますが、男性がビジネスシーンで黄色や金色の財布を使用するのは、お金にガッついている様でちょっと恥ずかしいですね。

そんな場合には、財布の内張りが黄色の財布が最適です。

【財布の材質について】
財布の材質については色々あることが解っていただけたかと思いますが、男性に人気なのはやはりカウレザーの財布ではないでしょうか。

種類やデザインが多いので、気に入ったものを選べるという点、ビジネスにもカジュアルにも対応してくれる使い勝手で選ばれているのだと思います。

また人それぞれ使い方が違い、それぞれの風合いが楽しめて個性になるところも魅力の一つです。

金運的にも最適な材質ですので、お金を大事に扱うことを意識するという点では、まず財布に投資してみるのも良いかもしれません。



まとめ
わたしも金運的な事を思いっきり意識して財布選びはしましたが、毎日使うものなので普段の使い勝手は崩さないようにしました。

金運を意識するあまり使い勝手が悪くなってしまっては、それこそ本末転倒!

ですが、お財布を変えたことで整理整頓を心がけ、お金を大事に扱うという意識は少なからず改善できたかなと思っています。

風水や金運については、どれだけ信じることが出来るかだと思います。「病は気から」ではないですけど、効果があると信じれば不思議なことが起こるかもしれません!

◎超絶吉日・2018!天赦日と一粒万倍日、ジャンボ宝くじ買うのに良い日は!?
【年始をちょっとリッチに!わたしも早割で購入しました\(^o^)/】
Sponsored Links