2022年・ドリームンジャンボは5月6日発売です!

寅のスマホ待ち受けで引き寄せる金運・財運・仕事運

2022年は寅年です。

寅は金運、財運、仕事運と強運を引き寄せてくれるシンボル。

寅と言えば、寅の日を思い浮かべる方も多いんじゃないでしょうか。

寅は「千里を往って、千里還る」力を持っているとされ、使ったお金が再び戻ってくるという例えから、金運や財運との縁が深い吉日とされています。

しかも、2022年は36年周期でめぐってくる「五黄の寅」の年。

縁起の良い寅をスマホの待ち受けにして、寅年の運気をより一層高めて幸運を引き寄せましょう。

寅のスマホ待ち受け

画像をスマホに保存して、壁紙に設定して下さい。

 

 

 

 

 

 

ホワイトタイガーのスマホ待ち受け

 

 

  

  

壬寅・五黄の寅・寅の日の縁起とは

【壬寅】(みずのえとら)

2022年は壬寅の年です。寅年には変わりありませんが暦の干支は本来、十干十二支(じゅっかんじゅうにし)の組み合わせであらわされます。十干=任、十二支が寅の組み合わせで2022年は「壬寅」になり、十干の任、十二支の寅それぞれが意味を持っているんです。

十干の「任」は「はらむ」「生まれる」という意味を持ちます。寅は寅の日の由来にもあるように金運や財運に結びつく事始めに良い年、日という意味があります。その二つの意味を合わせると「生み出した物、事が成長する年」という縁起の良い年になります。

寅年は十二支の中で、最も金運に強い年と言われています。仕事が上手く行けば、お金も沢山入ってくるということで、仕事運とも縁の深い年と言えるでしょう。

【五黄の寅】(ごおうのとら)

五黄の寅とは干支と占術の九星気学の組み合わせによる呼び方で、寅年と九星気学の五黄土星が重なる年のことです。五黄土星は九星気学では特別な星とされていて、九つある星(九星)の中にあって全ての星を支配する強力な星とさ、また五黄の寅は36年周期でしか巡ってこない年になるので、運気が強力に高まる年とされています。

五黄の寅の年に生まれた人の特徴は

・正義感が強い

・責任感が強い

・信念を持ってやり遂げる

・勉強熱心

・ロマンチスト

・行動力がある

などの特徴があり、特別な星による加護により不思議と守られる、という場面が多々あります。

【寅の日】

寅の日は暦の選日の一つで、大安と並び縁起の良い日とされています。 寅は「千里を往って、千里還る」力を持っているとされ、お金が戻ってくるという例えから、金運や財運との縁が深い吉日とされています。また、千里を旅して無事に帰ってくることから、旅立ちや旅行にも縁起の良い日です。

2022年の寅の日

1月 1日(土) 不 13日(木) 仏 25日(火) 仏
2月 6日(日) 18日(金)  
3月 2日(水) 14日(月) 26日(土)
4月 7日(木) 19日(火)  
5月 1日(日) 仏 13日(金) 仏 25日(水) 仏
6月 6日(月) 18日(土) 30日(木)
7月 12日(火) 不 24日(日)  
8月 5日(金) 17日(水) 29日(月)
9月 10日(土) 仏 22日(木) 仏  
10月 4日(火) 不 16日(日) 28日(金) 不
11月 9日(水) 21日(月) 不  
12月 3日(土) 15日(木) 27日(火) 仏
濃いグレー 不成就日と重なっている日
薄いグレー 仏滅と重なっている日

寅が重なる超絶大開運日とは

2022年は壬寅、五黄の寅の年なので、あとは寅の日を狙えばとても縁起の良い日となります。

そしてさらに大開運となる日があり、それが3月26日(土)になります。

3月26日(土)は【壬寅、五黄の寅】+【天赦日】+【一粒万倍】+【寅の日】

と寅年、寅の日に加えて、天赦日と一粒万倍日が重なり、2022年でもっと縁起の良い日、超絶大開運日、超絶大金運日となります。

超絶大開運日に行うと良いこと

暦で最もパワーの強い開運日なので、金運に限らずあらゆる事始めに良い日です。

  • 宝くじの購入
  • 引っ越し
  • 起業・開業・開店
  • 銀行口座の開設・証券口座の開設
  • 財布の購入・使い始め
  • 結婚式・結納・入籍
  • その他祝い事

あらゆる物、事始めに最適な日となりますので、神社にお参りしに行くのもよし、財布の購入や使い始め、祝い事など皆さん思い思いに計画を立ててみてはいかがでしょうか。