【評判】アマゾンプライム・5年使って感じたデメリット全部盛り

ネット通販ならアマゾン、もしくは楽天を使っている人が多いんじゃないでしょうか。

わたしはプライム会員の送料無料が魅力で、アマゾンばかり使っています。

アマゾンプライムを使い始めて、もう5年以上になります。

周りの人の話を聞いてみると、ポイントが貯まるからと楽天を使っている人もけっこう多いんですよね。

どちらも使い勝手の良さはあって、一長一短。

アマゾンプライムは5年以上も使ってるんだから気に入ってる訳なんですが、やっぱり使っていると不便な点もある!

ということで、あえてアマゾンプライム・5年使って感じたデメリット全部盛りしてみたいと思います。

そもそもアマゾンプライム会員ってなに!?

そもそもアマゾンプライム会員になる理由とは!?

アマゾンでネット通販するのに、必ずプライム会員になる必要はありません。

プライム会員ではなくとも、アマゾンで買い物することは可能です。

じゃなんでプライム会員になっているかというと、プライム会員特典が盛りだくさん、そして盛りだくさんな特典の割に月額料金のコスパが高いからなんです。

アマゾンプライムの会員になると、

・送料が無料(通常は2000円以上の買い物から送料無料)
・お急ぎ便(翌日配送)、時間指定が無料
・プライムビデオ対象作品が見放題(映画、ドラマ、アニメ他)
・プライムミュージック対象曲が聴き放題(邦楽、洋楽)
・プライムラジオが聴き放題
・プライム対象キンドル本が読み放題
・プライム会員優先タイムセールがある
・プライムフォトで写真の保存が無料

といった特典がついてきます。

アマゾンは大型物流倉庫を持っていて、大量の商品を保管しています。

各ショップから委託販売という形で、多くの商品を預かってその物流倉庫から商品を発送しています。

そういった物流メリットもあって、プライム会員になっていると送料無料やお急ぎ便で、早ければ翌日に商品が届く訳なんです。

会員でなくとも2,000円以上購入すれば、送料は無料になりますが、ちょっとしたものを直ぐに欲しい場面がけっこうあるので、送料と翌日配送というメリットを考えれば月額料金はあっというまにペイ出来てしまいます。

わたしは関東に住んでいますが、お急ぎ便だと商品によっては夜中の2時、3時にポチって、翌日の昼~夕方には届くんですから驚愕のスピード配達です。

無料期間中に解約でも料金は発生しません。

アマゾンプライムの料金

月額払いにするのか、年額払いにするのかで一年利用したときの料金が異なってきます。

amazon prime月額払い年額払い
【税込】月額500円年額4900円
無料お試し期間:30日間  お試し期間中の退会OK
prime student学生月額学生年額
【税込】月額250円年額2450円
無料お試し期間:6ヶ月間  お試し期間中の退会OK
【プライム会員の場合】

【月額払いの場合:500円(税込み)✕12ヶ月 →年額合計6000円】
【年額払いの場合:4900円(税込み)

 差額は一年で1100円(税込み)

【プライムステューデント会員の場合】

【月額払いの場合:250円(税込み)✕12ヶ月 →年額合計3000円】
【年額払いの場合:2450円(税込み)

 差額は一年で550円(税込み)

月額払いの場合、年額払いより少し割高ですが、自分の好きな時に解約できるのがメリットです。

年額払い場合、月額換算で割安になるのがメリットですが、一年契約なので途中で解約しても差額が戻ってこないというデメリットも。

どちらにするかは人それぞれですが、わたしはアマゾンで買い物をすることが多く、送料無料のメリットがかなり大きので年額払いにしています。

学生会員は、もう笑ってしまうぐらい激安レベル。

しかも6ヶ月も無料お試し期間がありますので、そのまま忘れてしまわないように注意してください(笑)

アマゾンプライム・5年使って感じたデメリット

ポイントが貯まりづらい

これが一番の不満です!

数万、年間で十万単位で買い物をしていますが、ポイントが貯まりづらいというか、全然貯まりません(笑)

楽天とはコンセプトが違うと言われますが、同じ買い物なのでどうしても楽天と比較しちゃうんですよね。

アマゾンの方が安い商品が多いし、割引もあるとので、ポイントが付かないから損してるってゆうことはないんです。

ですが、楽天はコツコツとポイントを貯めていると、けっこうバカにならないぐらい貯まっていることがあります。

ポイントが貯まっていく喜び、みたいなのもあるので、アマゾンでもポイントが貯まったら嬉しんですが。

アマゾンのポイント貯めるならアマゾンカードがおすすめ

【アマゾン・クラッシックカード】

初年度年会費無料(年1回以上のカードご利用で翌年度以降も無料)

・新規ご入会で、5,000円分ポイントプレゼント
・アマゾンでの買い物で1.5%ポイント付与
プライム会員は、アマゾンでの買い物で2%ポイント付与
・アマゾン以外の買い物で1%のポイント付与

プライム会員ならゴールドカードが断然おすすめです
 

【アマゾンゴールドカード】

年会費11000円(税込み)

・アマゾンプライム会費年額4900円が無料
アマゾンでの買い物で2.5%のポイント付与
・アマゾン以外の買い物で1%のポイント付与
・最高5000万円の海外・国内旅行傷害保険
・主要空港のラウンジが利用可能

アマゾンのゴールドカードは年会費11000円の中に、アマゾンプライムの年会費が含まれています。

なので、実質の年会費6100円。

もっと割引する方法がありますが、それは別記事でご紹介いたします。

アマゾンでの買い物で2.5%のポイント付与になりますで、アマゾンのヘビーユーザーは利用しない手はありません。

買い物は楽天派の人はメリットが薄れる

わたしの周りにも多いんですが、楽天カード+楽天市場での買い物で二重にポイントが貯まるので、買い物は楽天派という人も少なくありません。

アマゾンプライムはアマゾンでの買い物が送料無料になる、というのがメリットの一つ。

そもそも買い物は楽天という人は、そのメリットが薄くなってしまうのが、デメリットと言えます。

アマゾンで販売されている商品って、たまに粗悪商品に当たってしまうことがあるので、本心で言えば楽天買うほうが安心感は高いんですよね。

個人的には、粗悪商品が当たってしまうかもというリスクを差し引いても、送料無料とお急ぎ便(翌日配送)のメリットは大きく感じていますが。

粗悪商品に当たってしまうことも

これは【アマゾンプライムのデメリット】という訳ではありません。

ですが、あえて入れておきたい不満です。

「安かろう悪かろう」ではありませんが、やはり価格優先で購入してしまうと粗悪商品にあたってしまうことが多々あります。

実際に購入した人のレビューを見ると、絶望してしまうこともしばしば(笑)

・一回使っただけで壊れた
・付属部品が足りていなかった
・掲載されていた画像と商品が全然違った

などなど、酷評されている商品が多かったり、偽レビューも問題になったりしています。

わたしも何回か付属品が入ってなかったり、形状が違くて使えないことがありました。

その点では、やっぱり楽天での買い物の方が安心感があるのは否めませんね。

月額費用が掛かってしまう

・送料が無料(通常は2000円以上の買い物から送料無料)
・お急ぎ便(翌日配送)、時間指定が無料
・プライムビデオ対象作品が見放題(映画、ドラマ、アニメ他)
・プライムミュージック対象曲が聴き放題(邦楽、洋楽)
・プライムラジオが聴き放題
・プライム対象キンドル本が読み放題
・プライム会員優先タイムセールがある
・プライムフォトで写真の保存が無料

などの、プライム会員特典がつきますが、中には月額費用が掛かってしまうのをデメリットと感じてしまう人もいるんじゃないでしょうか。

最近では、会費無料の楽天も3980円以上で送料無料(対象ショップのみ)を始めましたしね。

月額500円の会費と特典のメリットを比較して、コスパをどう感じるかで変わってくるんじゃないかと思います。

特典の定額配信サービスが広く浅い

プライム特典に含まれる定額配信サービス

・プライムビデオの見放題
・プライムミュージックの聴き放題
・キンドル本の読み放題

は、他の特化した定額配信サービスと比較してしまうと、月額500円というコスパもあって作品や楽曲の充実度が少なめな印象ですね。

プライムミュージックとキンドル本は、追加料金を払ってUnlimited登録することによって、コンテンツ量をパワーアップさせることが可能です。

プライムミュージックのUnlimitedは、プライム会員の場合 月額780円。

キンドル本Unlimitedは月額980円です。

どちらもUnlimitedにすれば、他の定額配信サービスと同等以上のコンテンツを楽しむことが可能です。

個人的には、プライムだけのコンテンツだけでも満足していますが、満足できるかどうかは人それぞれでと思います。

定額配信サービスが目的で、プライム会員になるのであれば、無料お試し期間でコンテンツが満足出来るレベルか確認した方が良いでしょう。

無料期間中に解約でも料金は発生しません。

まとめ:デメリットをあげてみたけど

アマゾンプライムのデメリットをいくつかあげてみましたが、結局なにを目的に利用するのかでデメリットも変わってきます。

・アマゾンでの買い物で、送料無料にしたい
・アマゾンで買った商品を翌日受け取りたい
・安い月額料金で、そこそこの定額配信サービスを利用したい
・安い月額料金で、映画や音楽、本など様々なコンテツを楽しみたい

など、目的が決まっていれば月額500円という驚愕のコスパもあって、デメリットを上回るメリットを感じられると思います。

アマゾンプライムの月額料金は海外ではもっと高いので、日本でもいつ値上がってもおかしくないと言われつづけています。

なので、安いうちに数あるメリットを、楽しみ尽くしちゃったほうが良いですよね。