バレンタインジャンボ・2019 宝くじ買うならいつ!?狙えば当たる?天赦日と一粒万倍日!

いよいよ2019年、ジャンボ宝くじの一発目!バレンタインジャンボの発売です!

2018年の年末ジャンボから公式サイトでネット販売が開始されました。

ネットで購入できるというのはとても便利ですよね。

というか、どうしていままでなかったの?と思えてしまうぐらいです。

まだ始まったばかりですので、高額当せん実績重視の人には物足りなさがあるかもしれませんね。→管理人も高額当せん実績重視派(ง •̀ω•́)ง✧

そんな人は宝くじ購入代行サービスを利用してみるのも面白いかもしれません。

【超絶当る】ジャンボ宝くじ・29年連続1等当せん売り場のネット購入

2019年は皇太子さまが天皇にご即位され、そして新しい元号が制定されるという国民的行事が控えています。

いろいろな意味で転機の年、節目の年となる予感!

2019年も読者の皆様の開運、幸運を願いつつスマホカレンダーを更新していきますのでよろしければご利用下さい。

それではバレンタインジャンボ宝くじ!販売期間中の大安吉日、年末ジャンボ宝くじ買うのに良い日は!ということでまとめたいと思います。




2019年・バレンタインジャンボ宝くじの販売期間と当選金額

【発売日】2019年1月30日(水)から
【発売期間】2019年1月30日(水)~2月22日(金)まで
【抽選日】3月5日(火)
【販売金額】1枚300円

【当せん金・本数】

等数当せん金本数
1等2億円12本
1等前後賞5千万円24本
1等組違い賞10万円1,188本
2等500万円60本
3等100万円1,200本
4等10万円36,000本
5等1万円120,000本
6等2千円1,200,000本
7等300円12,000,000本
バレンタイン賞2万円60,000本

【2018年のバレンタインジャンボ当選金額・本数】
・1等        当選金額2億円   本数20本
・1等前後賞     当選金額5千万円  本数40本
・2等        当選金額2千万円  本数400本
・3等        当選金額10万円   本数8,000本
・4等        当選金額1万円   本数40,000本
・5等        当選金額3千円   本数400,000本
・6等        当選金額300円   本数4,000,000本
・バレンタイン賞   当選金額2万円   本数40,000本

昨年のバレンタインジャンボと比較すると、当せん本数が大幅に調整されていますね。

1等が12本とかなり狭き門(泣)

ですがいつも通り、目標はあくまでも高額当せんなので2等以下には興味がありません!

まぁ、当たったら当たったで嬉しいんですけど(´ε` )

2019年・バレンタインジャンボ・ミニの販売期間と当選金額

【発売日】2019年1月30日(水)から
【発売期間】2019年1月30日(水)~2月22日(金)まで
【抽選日】3月5日(火)
【販売金額】1枚300円

【当せん金・本数】

等数当せん金本数
1等2千万円25本
1等前後賞5百万円50本
2等5百万円50本
3等100万円500本
4等10万円20,000本
5等1万円50,000本
6等3千円500,000本
7等300円5,000,000本
バレンタインミニ賞3万円5,000本

このミニは正直言ってかなり微妙です。通常のジャンボと当せん本数が変わらず、販売価格も一緒です。

購入する人は少なく、発券する枚数も通常版の半分なので当せん確率が上がると言えば上がりますが。。。でも微妙。

同じ300円出して購入するなら、通常のジャンボ宝くじの方が良い気がしますがその辺はお好みで!

2019年・バレンタインジャンボ販売期間中の吉日

  販売期間中の「大安」

2月 4日(月)
2月 9日(土)
2月15日(金)
2月21日(木)
の4日間となっています。

大安は六曜の中でも最も吉日とされる日です。日本人で六曜(先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口)を意識しない人はほとんどいないと思われるほど一般的ですよね。

結婚式やお葬式など冠婚葬祭の日取りを決める時に必ずと言って良いほど出てきます。

六曜はもともと勝負ごとの勝ち負けを占うために用いられていたという由来もあって、その様な意味では宝くじとの相性もバッチリです。

宝くじを買うなら少なくとも大安、もしくはそれ以上の吉日を狙いたいところです。

  販売期間中の「寅の日」

2月10日(日)
2月22日(金)
の2日間となっています。

寅の日は風水でも言われるように、金運招来の日とされています。トラの毛の色が黄金にも似ていることから、金運にとても縁起の良い日として親しまれてきました。

新しいお財布の使い始めにも良い日とされていますので、なにかとお金に縁がある吉日と言えます。

また古くは、聖徳太子が物部守屋を討伐する際に祈願で訪れた山で毘沙門天が姿を現したとされ、それが「寅年」「寅の日」「寅の刻」であったと言い伝えられていることから、「戦いに勝つ」「縁起の良い日」として今でも信仰対象となっています。

毘沙門天は戦国武将の上杉謙信が信仰した神様で、戦いの神のイメージが強いですが、七福神の一人でもあって「七難を避け七福を与える」と言われ福の神様でもあるんですよ!

  販売期間中の「一粒万倍日」

1月 30日(水)
2月 9日(土)
2月14日(木)
2月21日(木)
の4日間となっています。

【一粒万倍日の読み方】いちりゅうまんばいび
【由来】一粒の籾(もみ)が万倍にも実る稲穂になるとされ、万時事始めに良い日。

暦上でも大安より吉日とされ、祝い事や新しいことを始めるには最適な吉日とされています!

【一粒万倍日に行うと良いこと】
・結婚、結納、入籍、慶事
・出生届
・引っ越し
・開業
・財布の新調、使い始め
・新しいことを始める
・祝い事
・宝くじを買う など

  販売期間中の「天赦日」

バレンタインジャンボ宝くじ販売期間中の天赦日は
2月10日(日)
の一日が該当しています!

【天赦日とは】
一年の中でも数回しかない、暦上で最上の開運日とされています。
「百神が天に昇り、天が万物の罪を許す日」

百の神様ですから、七福神よりだいぶ多い!なんて安易な考え方は罰が当たりそうですが、暦上で最上の吉日ですから金運に限らずあらゆる事始め、祝い事に良い日です。

2019年・バレンタインジャンボ、買うのに一番良い日

宝くじを買うのに絶対に外せない超絶吉日は
◎絶吉日ミニ【天赦日+寅の日】が重なる2月10日(日)です。

その他
◎1月30日(水)【発売日初日+一粒万倍日】
◎2月 9日(土)【一粒万倍日+大安】
◎2月21日(木)【一粒万倍日+大安】
も吉日が重なる縁起の良い日です。

当せん金額は他のジャンボ宝くじと比べてしまうと見劣りしてしまいますが、それでも当たれば億り人!

宝くじは一粒万倍日を意識する人がとても多いのですが、天赦日は年に数日しかない吉日中の吉日、「キング オブ 吉日」と言っても過言ではないほどの吉日です。

バレンタインジャンボは他のジャンボと比較すると、高額当せん実績のある人気の売り場でも比較的行列が少なめとなります。

ですので、長時間並ぶのは嫌!という人には狙い目のジャンボではないでしょうか。

もしくは全国屈指の高額当せん売り場でジャンボ宝くじを購入できるネット販売もありますで、寒い中並ぶのが面倒!でも人気のある宝くじ売り場で購入したいという欲張りさんは利用してみてはいかがでしょう。

【超絶当る】ジャンボ宝くじ・29年連続1等当せん売り場のネット購入

福を待つなら、宝くじ入れに入れて寝かすのもオススメです

まとめ

2019年、元号が変わる節目の年 一発目のジャンボ宝くじ!気合が入りまくってしまいますね。

「宝くじなんて当たらないから買わないよ」という人はわたしのまわりにもちらほらいらっしゃいます。

実は宝くじの収益金の使いみちとして、災害の復興に役立てられるという側面もあるんです。

昨年、2018年は全国各地で未経験レベルの災害が多発した年でした。

そりゃ~高額当せんできれば死ぬほど嬉しいですけど、ハズレてしまったとしても収益金の一部が災害復興に役立てられていると思えば無駄使いではないと自分に言い聞かせている次第です。

それでは今年も張り切って宝くじライフを楽しみましょう!

当る売場・関連記事を見てみる↓↓↓↓↓↓
【超絶当る】ジャンボ宝くじ・29年連続1等当せん売り場のネット購入 【東京編】よく当たる!!当せん実績から見る幸運の宝くじ売り場とは!? 【大阪編】よく当たる!!当せん実績から見る幸運の宝くじ売り場とは!? 【神奈川編】よく当たる!!当せん実績から見る幸運の宝くじ売り場とは!? 【愛知編】よく当たる!!当せん実績から見る幸運の宝くじ売り場とは!? 【京都編】よく当たる!!当せん実績から見る幸運の宝くじ売り場とは!? 【千葉編】よく当たる!当せん実績から見る幸運の宝くじ売り場とは!?